2004年05月25日

スキャンダル

ドラマ「冬のソナタ」で人気のペ・ヨンジュンが主演する韓国映画「スキャンダル」を見た。
「スキャンダル」は、フランスの貴族社会を舞台にした古典恋愛小説「危険な関係」を、18世紀の朝鮮王朝時代に置き換えて映画化した作品で、ペ・ヨンジュンがこれまでのイメージを捨てて、貴族社会で女性を弄ぶプレイボーイ役を演じている。
ヨーロッパの貴族社会を舞台に描かれた作品を、朝鮮王朝に置き換えているが、東西の文化は違っても、貴族社会という共通点を生かして、違和感なく描かれている。
「スキャンダル」は、奔放な男女の姿を描きながらも、悲しい結末や登場人物たちの一途な想いからは、一種の「純愛物語」と言えるのではないだろうか。
詳しくは、西沢千晶のシネマ日記で。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/chiakicks/703309