2004年08月01日

マッハ!

タイの国技であるムエタイを使ったアクション映画「マッハ!」を見た。
映画「マッハ!」は、ムエタイの達人である主人公の青年が、タイの過疎村から「Ong-Bak(オンバク)」と呼ばれる仏像を盗んだ男を追って都会へ出て、仏像盗掘一味と対決する物語。
映画「マッハ!」は、特撮トリックを一切使わず、スタントマン出身の主演俳優が生身のアクションだけで挑んだところが特徴で、アクション・シーンは迫力満点だ。
仏像盗掘一味のボスが、日本で言うところの「仏様の罰が当たって死ぬ」というようなラストや、バンコクの街を舞台に小型三輪タクシーでカーチェイスを繰り広げるのが可笑しかった。
詳しくは、西沢千晶のシネマ日記で。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/chiakicks/6264531