2004年03月24日

東京原発

役所広司さん主演の映画「東京原発」を見に行く。
映画「東京原発」は、役所広司さん扮する東京都知事が、危機的な財政難を打開する奇策として東京に原子力発電所を誘致する計画を打ち出し、それに伴い都庁幹部らが混乱する様子をブラックユーモアたっぷりに描いている。
都庁幹部に、段田安則や岸部一徳、平田満、吉田日出子といった個性派俳優を揃え、終始笑える展開でとても楽しめる。
国や行政の無責任さに対する風刺と同時に、国民の無関心さに対しても強く警鐘を鳴らす「社会派コメディー」とでもいうような作品だった。
詳しくは、西沢千晶のシネマ日記で。


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/chiakicks/279248